クライムシーンクリーナーズグッドベア

2月2012

本日、ご相談・ご質問窓口開設

=特殊清掃=

お部屋の中で誰にもみとられずにお亡くなりになり死後、数日~数年たち発見された特殊清掃の現場では、通常では考えられない様々な物が残っています。

死後発見されたご遺体は腐乱し、強烈な死臭を漂わせ、ご遺体より出た体液(血液・脂肪等)や剥がれ落ちたご遺体の破片がドロドロの状態となっています。そのご遺体を中心に蠅や蛆・ゴキブリなどの害虫が這いまわり、まるで部屋の主のように占拠しています。どのような遺体でも、警察が片付けてくれるのですが、腐乱して崩れ落ちた皮膚や流れでた腐敗液(体液)・血液、また、抜け落ちた毛髪などは遺体と一緒に引取ってはくれません。

その後の清掃は、ご遺族様や保証人様・大家様・管理会社様などのが行わなければなりません。愛する家族・親しい方が、そのように寂しく亡くなり、壮絶な現場を目にした場合、深い悲しみや衝撃的な出来事ばかりで、その場に居ることすら困難な状況になると思います。そのような精神状態の中で、現場の清掃・撤去作業をおこなうことは非常に難しいことです。

強烈な死臭は想像を絶するほどであり、普通に清掃をしただけでは、絶対といって良いほど取れません。更に、困難なのが遺体から出た腐敗液(体液)や血液で、壁や床板・床下にまで染み込んでいます。これが原因で、いつまでも臭いが取れず害虫が発生するのです。

また、自殺の現場も同様です。

この様な状態になった場合、誰に相談すれば良いのか?どう対処すれば良いのか?戸惑うことと思います。
お気軽に下記リンクのコメント欄(拍手)よりご質問・ご相談ください。経験豊富なスタッフがご回答いたします。

※冷やかし・興味本位のご質問には、お応えできませんのでご了承ください。

当社ホームページは、下記リンクよりお入りください。

http://tokusou-goodbear.com/index.html expired domains . Conhevilawe .

  • このエントリーをはてなブックマークに追加